TOYOOKA EXHIBITION 豊岡エキシビジョン 2016地方創生、その先

Place
3×3Lab Future
Address
東京都千代田区大手町1-1-2
大手門タワー・JXビル1F
主催
豊岡市
共催
エコッツェリア協会

INTRODUCTIONはじめに

兵庫県の北部に位置する豊岡市は、50年以上にわたり日本の空から姿を消したコウノトリを、もう一度人里に帰す取り組みを続け、現在では約80羽ものコウノトリが大空を自由に飛んでいます。2014年には、アーティスト・イン・レジデンス施設「城崎国際アートセンターKIAC」がパフォーミング・アーツに特化した壮大な稽古場としてオープン。城崎温泉でしか買えない、城崎の物語を出版するレーベル「本と温泉」も立ち上げ、かつて作家が滞在し、その経験を創作に反映したように、温泉地とクリエイティブがふたたび結びつき始めています。

ローカルであることを突き詰めることでグローバルに通用する地域を作る。人口規模は小さくても、世界の人々から尊敬され、尊重されるまち「小さな世界都市」の実現を目指しています。

そんな豊岡市を一人でも多くの人に知っていただくため、情報発信イベント「豊岡エキシビション」を、首都圏で2009年から毎年開催してきました。

今年のテーマは「地方創生、その先。いま注目を集める「地方創生」を取り上げ、地方創生を一過性のブームに終わらせずに、未来につなぐにはどうすればいいのか、最先端の知見や外部視点による評価から、豊岡、地域や企業の進むべき道を探ります。

FLOOR MAP校舎

2016年の豊岡エキシビションは、学校形式で開催いたします。
教室」では、時間割ごとさまざまな授業(講演やディスカッション、発表)が行われ、
夜には、給食室」で豊岡の食材をふんだんに使った料理が提供されます。
他にも、いつもは城崎でしか買えない小説家万城目学の「城崎裁判」を特別に購入できる
購買部」も併設しておりますのでこの機会に是非お買い求めください。

校舎 教室 職員室 給食室 購買部

FOOD給食室

KIHACHI

  • 冬のバーニャ・カウダ 蟹味噌のソースで
  • カレイと茸のカダイフフリット
  • イカとマグロのマリネ 明太子柚子の香り
  • 蟹とりんごのマリネ
  • 平目と香箱蟹の手鞠仕立て 梅風味
  • ぶつ切りスモークチキンのロースト
  • シェフお楽しみの一品
  • 赤米と栗のアイスクリーム From KUMAGAI

※招待+授業参加者のみ

SHOP購買部

本と温泉

NPO本と温泉
城崎裁判』の限定販売

いつもは城崎のみで販売されている小説家、万城目学さん書きおろしのお風呂で読める小説を特別販売いたします。1,700円税込み)

豊岡アンテナショップ
コウノトリの恵み豊岡」
出張販売

TIME TABLE時間割

時間内容先生
開校式14:00〜14:10エコッツェリア協会挨拶エコッツェリア協会
14:10〜14:15豊岡市挨拶豊岡市副市長 真野 毅
1限目14:15〜15:00講演
「稼ぐまちが地方を変える」
一般社団法人
エリア・イノベーション・
アライアンス代表理事
木下 斉
2限目15:05〜16:20編集長会議
「メディアが見た地方」
[ コーディネーター]
ブックディレクター 幅允孝
[ パネラー]
Discover Japan 杉村編集長
ソトコト 指出編集長
自遊人 岩佐編集長
3限目16:25〜17:10事例発表
「豊岡の挑戦」
豊岡市長 中貝宗治
HR17:10〜17:25記者発表
本と温泉 第三弾出版会見
4限目17:35〜17:55地方移住・定住希望者の価値観把握調査結果の紹介株式会社 博報堂 木下富美子
5限目17:55〜18:40コミュニケーション教育の紹介豊岡市芸術文化参与
KIAC芸術監督
平田オリザ
給食19:00〜20:30交流会キハチ 青山本店

TOYOOKA EXHIBITION 2014
の様子

Close